備忘録台帳

むずかしいはなししません

備忘録4/17

 

楽しい話ではないことを断っておく。いまの印象が新鮮なうちに書き残しておきたいと思った。

 

友人が亡くなった。同年代の。

自分の数少ない卒業後も交流のあった学生時代からの友人で、よく集まるメンツでは一番健康そうな奴がである。わかんないもんですね。

 

亡くなった経緯を最初に知ったのはLINEだった。現代的だなとかぼんやり思った。先月一緒に旅行に行き、爬虫類と戯れ金目鯛をパクパクする元気な奴を見たばかりなので事実として頭に入ってこなかった。 葬儀に出た時も「ドッキリでした〜」っていつ起きてくるかな〜とか半分くらい本気で思っていた。 人間は経験に基づいて生きていて、経験が少ない事だと事実として受け入れるのが難しいのだなと感じた。

 

ただでさえ友達多くないのに趣味の合う人間がこんなに早く居なくなるとは想定外だった。酷い話だ。ポケモンとかそのへんならまだしも、メガテン系とかマイナー漫画とかクソMADとかその他諸々マニアックジャンルを話せる貴重な人材であったのにこれから誰と語れば良いのか。

コンスタントに月イチくらいでラーメンとか食いに行ける程よい距離感(物理距離的にも精神的にも)のやつは学生時代ならまだしも人間関係がどうもストレートに新規開拓しにくい社会人じゃ中々見つからん。

スイッチもこないだ買ってたばっかなのに。積みゲー気質だからロクにゼルダも進んでないだろう。これから色々面白いことができる年だと思って居たのに、タイミングの悪い男です。

 

 

キレイに纏める気はないんですけど、まぁアホ供の行く末を見守っていってほしいなぁ〜とか贅沢言わんからもうちょい遊びたかったな〜とか沢山思うとこはあるんですけど今はこんくらいでいいです。

 

あんま楽しくない話 おわり